ブランド買取りは売り手市場なのが質屋との違い

ブランド買取の質屋との違いは何のでしょうか。 質屋とは質草と呼ばれるブランド品や高級品を担保としてお金を借りられるサービスです。お金を借りている間は質草を質屋に預入し、元本と利息を支払った後に返却してもらえます。もしも期限までに元本を払えなかった場合は質草を手放すことにより元本の支払いができるため取り立てをされることはありません。保証人も要らず本人の信頼もなくても利用できるサービスである事からお金の欲しい方に人気があります。

一方ブランド買取サービスですが、質入れをするのではなくいらなくなったブランド品を買い取ってもらうサービスです。一度売ったものは取り返すことができませんが質屋とは違い査定額が高くなる傾向があります。なぜかというと質屋の場合はあとでブランド品を返却しなければいけないためきちんと保管をしなければいけないため保管コストがかかるのです。盗まれないために警備もつけなければいけませんし放火設備も整えなければいけません。それに対してブランド買取の場合はすぐに売却できるため保管のコストがかかりにくくいのです。

また大きな違いと言えば売り手市場であるという点です。最近では不況のためか中古ブランドが欲しいという方が増えています。そのためにブランド買取店ではブランドを挙って買取しているのです。限りのある中古品をより多く得るために他のお店よりも高い査定額を付けようとするお店も増えています。 ですので交渉次第ではブランド買取額を大幅に増やすこともできるのです。 もしも一時的にお金が欲しいだけでブランド物を手放す気がないのであれば質屋を利用したほうがいいのかもしれませんが、ブランド品を手放しても構わないという気が少しでもあるのでしたらブランド買取を利用するようにしてください。

また売り手市場であるが故に気軽にブランドを売れるようになっています。例えば買い取りスタッフが丁寧な対応をしてくれたり、個室で他の人に見られることもなく査定ができるなどです。 他にも出張査定や郵送買い取りなども対応しています。これなら直接お店に行く必要もなく自宅からでも買取ができるのです。 買い取り額も迅速に支払ってくれます。 全てどのようなものでも買い取ってくれるというわけではありませんが、もしも買い取り可能なものが無かったとしても冷たくあしらわれることはありません。 緊急でお金が必要になった時に頼りになるサービスです。